剣道防具

剣道防具の付け方(つけ方)やしまい方(片付け方)

剣道防具の付け方と言うものは、剣道を始める上に最も必要なものになってきています。

 

防具のつけ方を知らなければ剣道をまともにすることはできませんし、
剣道防具の付け方だけでもその実力が分かってしまうほどだと言われています。

 

剣道防具の付け方やしまい方・片付け方というものは、
剣道の技術の中でも超基礎のものです。

 

子供用(少年用)から大人用などサイズもあるので、
しっかり防具のつけ方やしまい方(片付け方)を知っておく必要があるでしょう。

 

剣道・世界選手権覇者 香田郡秀氏の剣道上達法 間合い・タイミングや剣先の動きは必見!
※こちらからなら楽天やamazonより2000円安く買えます!

 

剣道防具の種類としては、それぞれ、
面、胴、垂、甲手というものに分かれており、
これは日本の甲冑を意識していると言われています。

 

更に剣道防具には袋へのしまい方(片付け方)もしっかりと決められておりこれは作法だと言います。
製造してくれた職人への礼儀でもありますね。

 

剣道は近々、中学校での体育の科目として、
男女ともに必修になると言われています。

 

そこで剣道の歴史や防具の付け方・しまい方(片付け方)などを学ぶことになり、
またほとんどの日本国民が剣道を経験したという事になるのではないでしょうか?

 

東京(武蔵)や千葉・埼玉や大阪、
京都に和歌山や九州(熊本)あたりで特に人気が高いようです。

 

剣道防具(面や胴、垂、甲手等)は、本格的に剣道を始めるような場合以外は、
学校に常備されているものを使う事になるでしょう。

 

もちろんその場合は、剣道防具店で、防具などを買う必要はなくなってくるわけですが、
長年使用した剣道防具はかなりの汗ジミや汚れなどを持ってしまっているといいます。

 

防具の名称などについては常識的に知られていますが、
そのつけ方までを日本国民皆が知っていくことになるのでしょう。

 

剣道防具には、袋などへのしまい方(片付け方)から
つけ方に至るまでが作法であると言われており、
それが剣道の超基礎と言われるのではないでしょうか?

 

剣道や剣道の歴史から宮本武蔵の話、
竹刀・防具まで日本国民皆に、親しみの持たれるものになっていくといいですよね。

 

⇒ 剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

 

⇒ 無料サイズ保証!ここのくねくね小手は1本持っていた方がいいですよ!【剣道防具コム】